27. 2月 2013 · MANA酵素の有効成分 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 酵素について

af9980008677MANA酵素には70種類以上の原材料が豊富に使われています。<糖類>オリゴ糖、黒糖、ショ糖<野草類>アカザ、アカメガシワ、アマチャヅル、イチョウの葉、ウコギ、ウコン、エゾウコギ、エビスグサ、オオバコの葉、オトギリソウ、カキドオシ、カワラケツメイ、カンゾウ、キダチアロエ、クコの葉、クコの実、熊笹、ケイヒ、コナラ、スイカズラ、スギナ、タンポポ、ツチアケビ、ツユクサなど<野菜類>株、キャベツ、キュウリ、ゴボウ、小松菜、椎茸、大根、玉ねぎ、トマト、ナタ豆、ニラ、ニンジン、ニンニク、パセリ等 <果物類>パイナップル、パパイヤ、リンゴ、レモン<その他>マグネシウム、カルニチン、MSM、貝化石、昆布が含まれています。マグネシウムは、目の上がぴくぴくするときが不足のサインです。マグネシウムは生命活動にはかかせない、ミネラルです。Lカルニチンは30代からどんどん体内から合成されにくくなってしまうもので、植物食材からの摂取も難しいので、サプリメントや酵素ドリンクなどから摂取することが効率的でいいでしょう。MSMとは有機硫黄成分のことで、女性の美と深い関係があります。MANA酵素に含まれる植物乳酸菌は酸やアルカリに強く、どうブク性乳酸菌よりも過酷な環境でも生息可能な乳酸菌とされています。乳酸菌が腸に届くと、腸内に住みつく「善玉菌」であるビフィズス菌を増やしてくれるので、悪玉菌の働きをおさえます。

Comments closed.