あなたとあなたの家族を守る災害グッズをそろえる手助けをする総合情報サイト

食料以外の準備も!災害時用に持っておきたい災害グッズ

あなたと家族を守る安心の災害グッズ

いざという時の災害グッズを考えると、あれもこれもと考えてしまいます。

しかし、災害で避難するときには、生き延びるために必要なものを持つということと同時に、身軽であるということも大切です。

まず非常用の持ち出し袋を家族の人数分用意します。そして各袋にはそれぞれの命を守るのに必要な最低限のものを入れます。この時の重要なポイントは、(1)袋は敏速に逃げられる重さにすること。(2)いざという時にすぐに持って出られる玄関や廊下などに保管すること。

それぞれの災害グッズの説明に入る前に、いざという時にやっておきたいことを簡単に説明いたします。

まず家具を固定して倒れないようにしておくことです。身を守るためにも必要ですが、倒れた家具のために災害グッズが取り出せなくなっては意味がありません。過去の災害でも、死傷者の77%が家屋の倒壊や家具などの転倒によるものです。

近隣の災害情報の共有も日ごろから確認しておくことです。国土交通省のハザードマップのページで確認できます。

最近ではスマートフォンやラジオが使えるのですが、これも電池が切れると役に立ちません。災害の時には、断水や停電が常に起こります。

トイレやちょっとしたけがなども、日常では当たり前のことで気にもなりませんが、災害時には大きな問題です。

このサイトでは、日常では気が付かなかったような問題で避難生活中に悩み苦しめられることのないように、必要な災害グッズのそろえ方を説明しています。

災害グッズに関してのいくつかの優れモノについても雑学的要素として載せてありますから、お読みください。

災害グッズ選びから常備場所まで全面サポート

現代では緊急時の避難体制が整えられているとはいっても、いざ災害という時には、数日間は自分たちで自分たちを守り生き延びる体制を整えておくことが大切です。 そのためには、自分と家族のために日頃から災害グッズをそろえていざという時に持ち出せるようにしておくことが大切です。

災害時に避難所で暮らす時に必要な災害グッズ

災害時も私たちの時代では行政の対応もありますから、災害発生の時以外は行政の保護があります。 しかし、避難所ではほとんどプライバシーのない中で衛生用品もままならない生活を余儀なくされます。そのためそういったものは自分で災害グッズとして準備していることが大切です。

いろんな製品が出ている中で迷わずに防災グッズを選ぶ

最近では災害対策が真剣に考えられてきましたから、便利な防災グッズがたくさん売られています。 それらはあくまでもすべての人が必要とするものですから、あなたに固有の常備薬などは入っていません。近眼のひとならメガネも必要ですし、歩くのにステッキの必要な人もいることでしょう。 その点をチェックしてみました。