災害時に避難所で暮らす時に必要な災害グッズ

家族が一人一つの災害グッズ

家族が一人一つの災害グッズ選びをするときの注意点を述べます。

よほど小さな子供は別にして、災害グッズは一人一つが原則です。災害時はいつどこではぐれるかわからないからです。そんな時には、災害グッズ袋の中にある身分証明書や写真が役に立ちます。

災害グッズは今ではセットで売られていますが、それプラスアルファーが大事です。その袋を持つ一人一人が、場合によっては、数日一人で命を自分で守らなければいけないのですから。

子供やお年寄りでも吹け、遠くまで聞こえるホイッスルも必需品です。救援隊に自分の位置を知らせたり、他者に危険を知らせたりするときに絶対必要です。

災害時だからというのでこれもあれもと備えたくなりますが、 緊急の時は安全迅速に避難が第一です。従って子供用はもちろん大人の災害グッズ袋もできるだけ軽くします。

災害グッズセットとは

災害グッズセットは、緊急時のために食料から飲料、そして清潔品、日用品、救急用品など救援活動が始まるまでサバイバルの必要なものをそろえたものです。

市販のものは、常備薬やメガネなどあなた特有の必要品や貴重品や身分証明書は入っていません。それらについては、災害が起こる前にチェックして災害時には持ち出すことにするものを決めて、いざという時には即座に持ち出せるようにしておくことが大切です。

災害発生の時は、自分と家族の生命と安全を第一にします。これは日頃の訓練と意識が大切です。そうすることでいざという時も落ち着いて行動ができます。

災害発生の時には、家族と自分の安全、そして災害の状況や家の状況を確認します。慌てて行動すると自分が火災を起こしてしまったりして自分が災害のもとになりかねません。