いろんな製品が出ている中で迷わずに防災グッズを選ぶ

災害グッズ準備でチェックすること

災害グッズをそろえる基本を押さえておきましょう。

基本的に大きく分けて次の物をチェックします。

水(飲料水、給水袋、ポリタンク)、食料品(レトルト食品、アルファ化米、缶詰、菓子類)、調理器具(缶切り、はさみ、多機能ナイフ、食品用ラップ、アルミフォイル)、清潔品(歯ブラシ、簡易トイレ、トイレットペーパー、ビニール袋、ウエットティッシュ)、 薬・救急用品(常備薬、持病薬、救急絆創膏、包帯、マスク)、日用品(使い捨てカイロ、ティッシュ、新聞紙、懐中電灯、乾電池、マッチやライター、レジャーシート、万能ナイフ、ブランケット)、衣類等(タオル、着替え、予備のメガネ、雨具、スリッパ)、筆記用具、貴重品・書類(現金、鍵、保険証、身分証明書、印鑑、母子手帳)、避難時品(防災頭巾やヘルメット、笛やブザー、水筒)

安心のための最終チェック

災害は突然やってきますから、日ごろに防災の準備と訓練をしておくことが大切です。

いざとなってからでは間に合いません。

情報収集のスマホやラジオも電源が亡くなっては役に立ちません。予備のバッテリーや手回し式の充電器をそろえておきます。

避難所では女性特有の清潔品も忘れてはならないものです。乳幼児がいる場合には、粉ミルクや哺乳瓶、紙おむつや抱っこ紐も必需品です。高齢者がいる場合には、おかゆなどの柔らかい食品や高齢者用食品もそろえておきます。入れ歯の洗浄剤も必要です。

行政の対応も進んできましたが、今でも避難所へ入りきらないことも起こります。そんな時には、テントや寝袋ランタンなどアウトドアグッズも役に立ちます。

これらは、緊迫した空気の中で過ごす避難所生活でも少しでもプライバシーを作るのにも役に立ちます。